本文へスキップ

滋賀・京都のリレックス・スマイル、白内障手術は当院へ

ご予約・お問合せは      TEL.077-558-7073    

白内障治療HEADLINE

日帰り白内障手術

 白内障は、眼の中にある水晶体というレンズが濁り、視力低下を来す病気です。
 初期の場合は、進行を抑えるために点眼薬を処方しています。点眼薬の使用にもかかわらず、進行した場合は、手術を行うことになります。

 水晶体は、外側が袋に覆われ、これを水晶体嚢(すいしょうたいのう)と呼びます。また中身は核と皮質と呼ばれ、白内障ではこれらの核や皮質が主に混濁しています。

 手術では、濁った水晶体の中身を除去し、代わりに人工的に作られた眼内レンズを挿入します。使用する眼内レンズは、現在ではほとんどがアクリル製の折りたたみ式レンズです。
 乱視が強い方には、トーリック眼内レンズを使用しています。

 当院では、日帰り白内障手術を行っています。ただし、自力歩行が困難な方、心臓や肺等の内臓に重い疾患のある方、著しい高血圧や糖尿病がある方等については、近隣の病院での手術をお勧めさせていただきます。

多焦点眼内レンズ

 自費診療となるため、費用はかかりますが、多焦点眼内レンズ(眼鏡で例えれば遠近両用の様なもの)も取り扱っています。
 平成29年8月1日より、
先進医療「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の実施医療機関となりました。
 眼内レンズは、国内で承認された2種類の眼内レンズが選択可能です。

  手術費用

 手術当日にかかる費用は自費診療となります。基本的に片眼ずつ行う手術となります。

      片眼手術費用 44万円
      両眼手術費用 88万円
      (ただし、両眼同日には行いません)

※術前・術後の診察代、検査代、処方箋代については、通常の保険診療となります。

<注意>
 この手術は、乱視が強い方、糖尿病の方、全身状態が悪い方などで、手術不適応となる場合があります。