白内障手術(先進医療)

日帰り白内障手術

 白内障とは、眼の中にある水晶体というレンズが濁り、視力低下を来す病気です。
 初期の場合は、進行を抑えるために点眼薬を処方しています。点眼薬の使用にもかかわらず、進行した場合は、手術を行うことになります。
 水晶体は、外側が袋に覆われ、これを水晶体嚢(すいしょうたいのう)と呼びます。また中身は核と皮質と呼ばれ、白内障ではこれらの核や皮質が主に混濁しています。
 手術では、濁った水晶体の中身を除去し、代わりに人工的に作られた眼内レンズを挿入します。使用する眼内レンズは、現在ではほとんどがアクリル製の折りたたみ式レンズです。
 乱視が強い方には、トーリック(乱視用)眼内レンズを使用しています。

 当院では、日帰り白内障手術を行っています。ただし、自力歩行が困難な方、心臓や肺等の内臓に重い疾患のある方、著しい高血圧や糖尿病がある方等については、近隣の病院での手術をお勧めさせていただきます。